小学校受験の日を迎えるまでにしておくべきことまとめ

毎年秋に小学校受験が実施されています。この日のために小学校受験に挑む各ご家庭では何年も前から準備を始めます。実際受験を意識するとなると、まず何から始めるべきか悩まれますが、基本的には幼児教室に通うところからスタートします。幼児教室では躾や受験対策のための勉強はもちろんのこと、各学校の入試情報が豊富ですので、志望校に合わせた対策をすることが可能となっています。また親が用意する願書もお教室が見てくれたり、面接対策もしていただけます。そのため皆さん幼児教室に通うのです。他にも幼児教室だけでは足りない部分は体操教室に通ったり、絵画教室に通ったりと必要な部分を各教室で補います。もちろんその体操教室や絵画教室も小学校受験対策専門の教室となります。

子供の受験ではなく親の受験です

受験と言うからには子供自身の実力で挑むものと思われるかもしれませんが、小学校受験は子供の受験ではなく、親の受験と言われています。入試当日は6歳、またはお誕生日を迎えていない子供はまだ5歳です。しかもこのくらいの年齢では自分の意志で学校を決めるわけではありませんから、学校側も面接や願書では親を見て判断されています。子供だけで受ける学力のテスト、運動テスト、行動観察テスト、絵画・工作のテストも、一見子供の能力が全てと思われるかもしれませんが、実はそれらのテストも子供を通して親を見られているのです。例えば試験には生活習慣を問われる問題がありますが、普段から家庭で生活習慣を心がけていないと正解できない問題も含まれています。お友達との関わりを見る行動観察テストも、普段の家庭の躾や子供への関わりが大きく影響していますから、小学校受験の合格には親の影響が大きいのです。

合格の秘訣には家族一丸となって迎えることが不可欠

母親は子供を育て家庭の中の仕事をこなすもの、父親は外で一生懸命仕事をするものというのがまだまだ世間一般と思われていますが、実は小学校受験合格には父親の、家庭や子供への関わりがかなり重要になってきています。各学校の面接でもお父様への普段の家庭への関わり、子供への関わりについてかなり質問されています。ですから、仕事に熱心になりすぎて家族との関わりが薄いと合格への道は厳しいものとなります。合格している家庭では、どんなに父親が忙しくても平日休日に関わらず、わずかな時間を利用し、母親の家事に協力したり、子供と一緒に遊ぶ時間を作っています。そして家族仲もいいのです。この様子は学校側は必ず試験で見抜きますから普段から家庭の中を客観的に見つめる時間を作る必要があります。